矯正治療|平塚市で歯科をお探しの方は湘南パーク歯科・矯正クリニックまで

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック・地図
  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック・メニュー

矯正治療で美しい歯並びとバランスの良いかみ合わせへ

矯正治療とは

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

矯正治療とは、歯の周りの骨の状態を改善し、歯並びを整えることでバランスの良いかみ合わせに導く治療です。歯並びが良ければ、バランスの良いかみ合わせでおいしく食べ、美しい歯並びで口を大きく開けて笑うことができます。歯並びを整えることは、心を豊かにすることにつながるのです。
また、歯並びが整っていないと顎の関節に悪影響を及ぼすだけでなく、磨き残しが多くなり、むし歯や歯周病、口臭の原因になります。歯並びが悪いことで口元にコンプレックスを抱いたり、発音に支障が起こったりして、コミュニケーションに不都合を生じる場合も少なくありません。

マウスピース型矯正装置インビザライン

当院では、世界でも高く評価されている
マウスピース型矯正装置「インビザライン」を使い、矯正治療を行っております。

完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置「インビザライン」の特徴

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
1.あらゆるケースに対応

マウスピース型矯正装置「インビザライン」は、受けロや出っ歯などさまざまな歯列の矯正治療に対応しています。抜歯の有無にかかわらず矯正治療を行うことができます。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
2.治療の全過程をデジタル化

マウスピース型矯正装置「インビザライン」では、口腔内スキャナーやシミュレーションソフトなどのデジタル機器と完全に連動しています。そのため、精密検査から診断、矯正後の保定までスムーズかつ精密に行うことができます。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
3.世界中の豊富なデータを集積

世界中でこれまで520万人を越える患者さんが、マウスピース型矯正装置「インビザライン」を使った矯正治療を受けています(2018年1月現在)。すべての患者さんの治療経過・結果に関するデータはすべて集積され、分析されています。こうした膨大なデータが、マウスピーズ型矯正装置「インビザライン」には活かされているのです。

インビザラインのメリット
  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    治療中の痛みが少ない

    マウスピース型矯正装置「インビザライン」に使用する透明なマウスピース(アライナー)は、アラインテクノロジー社が開発した柔らかい材料によって製作されています。そのため、従来のブラケット矯正に比べて痛みを抑えて治療を行うことができます。
    痛みに敏感な方や勉強や仕事への影響を減らしたい方におすすめの治療方法です。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    治療がスムーズに進む

    マウスピース型矯正装置「インビザライン」では、コンピューター上のプログラムに沿って歯の移動を行います。そのため、最短距離で効率良く歯を動かすことができます。
    症例にもよりますが、重度の凸凹や抜歯をしない矯正治療など、治療期間が長くなりやすい場合も効率的に矯正治療を進めることが可能です。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    変化を目で見て確認できる

    マウスピース型矯正装置「インビザライン」は、コンピューターを使って治療後の歯並びはもちろん、治療中の歯の移動も確認することができます。そのため、自分の歯並びの変化をしっかりと把握したうえで、矯正治療をお受けいただけます。

インビザラインのデメリット
  • つい外したままで
    過ごしてしまうことも

    ご自身で簡単に脱着できるため、長時間外してしまうと、予定どおりに歯が動かなくなることもあります。
    マウスピースは最低でも1日20時間、一般的には22時間の装着が必要となりますので、食事や歯磨き以外ははめておくように心がけましょう。

  • 飲食が多いと
    外しがちに

    食事だけでなく、コーヒーやワインなど色のついた飲み物を取る時にもマウスピースを取り外す必要があります。
    そのため、飲食の機会が多い方は何度もつけ外しをすることになり、装着時間も短くなってしまう可能性があります。

  • 装置の
    ケアが必要

    歯磨きの際にマウスピースを外し、汚れをやさしく落とした後、洗浄剤でつけ置き洗浄を行っていただきます。
    清潔に使い、むし歯や歯周病のリスクを抑えるためにケアは必ず毎日行いましょう。

  • 症例によって
    適用しない場合がある

    現段階では不正咬合の90%がインビザライン治療に適応しており、治療の精度や適用範囲は拡大しつつあります。
    残念ながら重度の顎関節症や重篤な歯周病の方など、症状によってはマウスピース型矯正装置「インビザライン」を使えず、まずは治療が必要な場合もあります。
    信頼できる矯正専門医で診断を受け、治療が可能かどうか確認するのがおすすめです。

インビザライン治療で守るべき3つの約束

1マウスピースは1日20時間以上装着する
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

マウスピース型矯正装置「インビザライン」の矯正治療を成功するために最も重要なのは、1日20時間以上装着することです。就寝中のほか、基本的に昼間もずっと装着する必要があります。
マウスピースを十分な時間装着すれば、歯並びやかみ合わせは少しずつ整っていきます。
なお、食事中や歯磨き中だけはマウスピースを取り外し、終わり次第、すみやかにマウスピースを装着しましょう。

2マウスピースは7日間ごとに交換する
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

マウスピース型矯正装置「インビザライン」治療では、透明なマウスピースを1週間に一度のペースで交換します。マウスピースには交換する順番が決まっており、その順序に従って1週間ごとに新しいマウスピースに換えることになります。
それぞれのマウスピースは、歯を0.25mmずつ移動させる力が加わるように設計されています。この細かな設計によって歯並びが整い、かみ合わせも改善されていくのです。

31~2ヶ月ごとに通院する
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

矯正中は、1~2ヶ月ごとに診察を受けましょう。
1~2ヶ月ごとの診察では、矯正治療の進み具合を確認します。場合によっては、マウスピースを新しく製作することもあります。定期的な通院を怠ると、治療期間が長くなったり、マウスピースの作り直しが必要になることがあります。計画通りの治療効果を得るためにも、定期的な通院は欠かせません。

この3つを守って、美しい口元を作っていきましょう!

当院での使用機材

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
3Dスキャナー iTero element

「口腔内スキャナー」は、歯並びやかみ合わせの状態をデジタルで読み取るための医療機器です。
当院では、国内ではまだ少ない口腔内スキャナー「アイテロ・エレメント(iTero element)」を導入しております。「iTero element」は海外では2015年に使用されるようになり、日本では2017年に医療機器認可がおりたばかりの機器です。このスキャナーによって、歯型を取る際の患者さんの負担を軽減し、矯正治療をスムーズかつ的確に行っております。

iTeroのメリット
  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    苦手な歯型取り作業を回避

    マウスピース型矯正装置「インビザライン」では、矯正治療中にマウスピースを平均で3~4回作り直します。
    シリコンや粘土を使った従来の歯型取りは時間がかかるうえに不快感も伴うものでしたが、口腔内スキャナーを使えば約5分で読み取りが終わります。上顎と下顎の型を読み取っている間、患者さんは口を開けているだけでほとんど負担がかかりません。
    口の中に唾が溜まったり乾燥した際には、読み取り作業を中断することもできます。
    口腔内スキャナーは読み取りを失敗することがないため、何度も歯型取りを行うこともありません。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    マウスピースの品質が向上

    口腔内スキャナーを使うことで、マウスピース型矯正装置「インビザライン」の品質は大幅に上がります。
    歯を適切に動かすには、歯にしっかり密着するマウスピースが必要です。
    口腔内スキャナーがあれば、歯型を適切なデジタル・データに変えて記録でき、高品質のマウスピースを作り上げることができます。
    口腔内スキャナーは患者さんに合ったマウスピースを作り、短い期間で治療を終えるために役立っているのです。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    マウスピース到着までの期間を短縮

    マウスピース型矯正装置「インビザライン」で使用するマウスピースは、海外に発注されます。口腔内スキャナーがあれば、歯型のデータをデジタル化してすぐに海外に送ることができ、受け取りまでの期間を平均2週間短縮できます。
    マウスピース型矯正装置「インビザライン」では複数回の歯型取りとマウスピースの作り直しが必要であり、少なくとも4~5回は海外に発注を行います。
    そのため口腔内スキャナーの導入は、治療期間全体の短縮にもつながっているのです。

クリンチェック

マウスピース型矯正装置「インビザライン」では、メーカーから自動的に送られてくる画一的な治療計画だけでは、歯並びやかみ合わせを改善することができません。より良い状態に仕上げるためには、お一人お一人に合うプログラミングをオーダーメイドで組む必要があります。
「クリンチェック」は患者さんに合わせて歯の移動をプログラミングするためのソフトウェアです。このクリンチェックによって、矯正治療の精度をより高めることができます。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
CTセファロ

歯や顎はもちろん、頭部まで撮影できる矯正治療専用のレントゲンです。
歯並びやかみ合わせは顔とも関わっています。頭部、顎の形、歯の傾斜などを撮影することで、歯・顎・顔の全体的な変化から治療の経過がわかります。
当院では患者さんへの安全性に配慮し、従来に比べて被ばく量が少ない機器を導入しております。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

矯正治療について

矯正の種類

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    金属ブラケット

    歯の表面に「マルチブラケット装置」と呼ばれる金属製の装置を取り付けてワイヤーを通し、しっかり締め付けることで徐々に歯を動かす治療法です。従来からある一般的な治療法で、幅広い症例に適用できます。ご自分では取り外しができない不便さがありますが、歯を動かす力は強く、治療を着実に進めることができます。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    クリアブラケット

    セラミックやプラスチックなどの素材でできた、白や透明のマルチブラケット装置です。金属製のブラケットより存在感が薄く、目立ちにくい矯正装置です。見た目が気になる若い方や人前に出ることが多いお仕事の方など、矯正装置が目立つことに抵抗感のある方におすすめです。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    歯科矯正用アンカースクリューを用いた
    矯正歯科治療

    歯槽骨(歯を支えている骨)に矯正用の小さなビス型のインプラントを埋め込み、そこを固定源にして歯を動かす治療法です。
    完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    マウスピース型矯正装置
    (インビザライン:薬機法対象外)

    オーダーメイドのマウスピース型矯正装置を使った、近年注目を集めている治療法です。矯正装置は透明素材で目立ちにくく、食事や歯磨きの際に簡単に取り外すことができます。マウスピースごと洗浄できるため、衛生的にも安心。また、他の矯正方法よりも通院回数が少なく、痛みや違和感も少なめです。*完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    部分矯正・補綴前処置矯正

    被せ物やブリッジなどの治療を行う際、被せ物やブリッジを長持ちさせるために歯の位置や傾きなどを整える矯正治療です。1本だけ曲がって生えてしまった歯や少しだけ歪んで見える箇所など、気になる場所を部分的に矯正します。前歯を対象にしているため治療範囲に制限がありますが、通常の矯正治療より低費用・短期間で痛みも少なめです。

矯正治療の流れ

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
カウンセリング

歯並びにまつわるお悩みをじっくりおうかがいした後、現段階で考えられる治療法を説明し、大まかな治療期間や予想される治療費などをお伝えします。治療を検討される方には、精密検査を受けていただきます。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
精密検査

本格的な診療に進む前に、レントゲン撮影などの各種検査を行います。歯並びの状態や顎の骨の発達具合など、現在のお口の状態を的確に把握したうえで、お一人お一人にマッチした綿密な治療計画を立てていきます。

◎CT・セファロ
矯正治療専用のCTスキャン装置を使い、歯や顎だけでなく、神経や血管の位置まで立体的に映し出し、頭部の状態を総合的に把握します。
◎口腔内検査
むし歯や歯周病など、口腔内に他のトラブルがあれば先に治療をします。必要に応じて、唾液検査を行うこともあります。
◎口腔内写真撮影・顔面写真撮影・歯型模型
口腔内をすみずみまで撮影し、現状を確認します。画像は治療前の記録として保存し、治療経過を診断するためにも使います。
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
治療計画のご提案

検査結果と、結果に基づいた治療計画について詳しくご説明します。具体的な治療方法のほか、治療期間やおおよその費用についてもご案内しますので、ご不明な点がありましたらお気軽にご質問ください。治療計画にご納得いただけましたら、治療を開始します。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
治療開始

定期的に通院していただき、歯の動き方を見ながら装置を調整していきます。歯を動かす期間は患者さんの年齢や骨格、現状の歯並びによって個人差があり、半年~3年ほどかかります。治療計画のご説明時に、通院期間の目安をお伝えいたします。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
保定

歯の移動が終わったら、その場所に固定させるための保定期間を設けます。移動したばかりの歯は動きやすいため、後戻りを防ぐためにも、しっかり時間をかけてその場所に定着させます。保定期間にも個人差があり、数ヶ月に一度の通院で経過を診察します。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
メンテナンス・定期検診

歯の位置が安定したら治療終了です。美しく整った歯をむし歯や歯周病から守るために、普段のホームケアをきちんと行い、定期検診を受けてメンテナンスを続けましょう。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

料金表

全体矯正
パーフェクト・マウスピース
(治療開始~治療終了後2年まで込み)
透明なマウスピースを中心に矯正治療を行います。 ¥850,000~1,000,000円(税抜)
キッズ・マウスピース
(インビザライン・ファースト)
前歯が生えそろいそうな9歳頃までの矯正治療。取り外しが可能なマウスピースを使用した予防矯正、治療期間は1年6ヶ月以内。 ¥450,000~500,000(税抜)
パーフェクト・ティーン
(治療開始~治療終了後2年まで込み)
キッズ・マウスピース矯正を受けた方の仕上げ。透明なマウスピースを中心に矯正治療を行います。 ¥550,000(税抜)
部分矯正
ライト・マウスピース 上下前歯もしくは奥歯の部分に限局した治療です。 ¥350,000~650,000(税抜)

矯正Q&A

Q1いつから始めるといいの?
A1

矯正治療を開始する時期は、患者さんの歯並びやかみ合わせの状態、年齢などによって大きく異なります。乳歯の場合は、まず食べる際のかみ合わせをチェックし、顎を前後左右にズラさないと噛めない、歯の凹凸がひどくなりそう、出っ歯になりそう、という場合は早めの受診をおすすめします。
また、顎の骨の大きさに問題のある受け口など、骨の成長をコントロールする必要がある場合には、治療時期を数回に分けることもあります。年齢とともに歯並びは変化していきますが、親知らずに押されたり、むし歯で歯を失くしたまま放置された場合も、かみ合わせは大きく変化します。
中高年になって新たに生じた歯並びやかみ合わせに対して、矯正治療で歯を適切な位置に移動させることは可能です。ただし、歯周病などで歯ぐきや歯を支えている骨の状態が悪いとできませんので、ご相談ください。

Q2どんな歯並びや、かみ合わせだったら治療した方がいいの?
A2

矯正治療の対象となる凸凹の歯並びやバランスの悪いかみ合わせには、次のようないろいろなものがあります。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    叢生(そうせい)

    乱ぐい歯、八重歯など、歯が重なっていたり、一部の歯が歯列の外に飛び出して凸凹のある状態です。歯の並ぶスペースに対して歯のサイズが大きかったり、顎の骨が小さかったりすることが主な原因です。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    出っ歯や、上顎や前歯が前に出ていて、唇が閉じにくい状態です。指しゃぶりの癖が原因の場合もあります。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    反対咬合 (はんたいこうごう)

    受け口のことです。上顎に比べて下顎の発達が悪い場合、またはその反対で下顎に比べ上顎が発達しすぎてしまった場合など、顎の発達バランスが悪いことで起こります。遺伝によることもあります。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    開咬 (かいこう)

    奥歯で噛んでも前歯がかみ合わず、常に口が開いている状態をさします。前歯で物を噛みきることができません。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    空隙歯列(くうげきしれつ)

    すきっ歯のことで、歯と歯の間にすき間が空いている状態をさします。生まれつき永久歯の少ない場合や、歯のサイズが通常よりも小さいと起こりやすく、前歯に隙間がある方が多いです。

Q3どのくらい期間がかかるの?
A3

年齢や症状によって異なりますが、矯正治療は顎の位置や大きさをコントロールしたり、顎の骨の中にある歯を少しずつ動かすため、ある程度の年月を要します。
技術や材料の進歩により治療期間は短縮されてきましたが、成人の場合、1~3年程度かかることが一般的です。また、治療後に後戻りを起こさないように、移動した歯をその位置で安定させる「保定期間」も必要となります。
また、子どもの受け口や出っ歯など、上下の顎の位置や大きさに問題があり、顎の成長をコントロールする場合は、治療期間が数年に及ぶこともあります。ご了承ください。

Q4どんな装置を使うの?
A4

矯正治療にはさまざまな種類の装置があります。大きく2つに分類すると、歯の表面に接着する装置(固定式)と自分で取り外しができる装置(可撤式)があります。

固定式の代表的な装置は「マルチブラケット装置」です。
これは、一つ一つの歯の表面に、ブラケットと呼ばれる小さな金属の装置を接着し、そこに細いワイヤーを通して締め付けることで歯を動かします。目立たない装置にしたい方は、透明なプラスチックやセラミックのブラケットを使います。

可撤式装置は、患者さんが自分で装着したり取り外したりできるものです。当院では、アライン・テクノロジー社の透明のマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用しています。透明のマウスピースを食事や歯磨き以外の1日約22時間装着することにより、歯を少しずつ動かしていきます。マウスピースは歯の移動に伴って段階的に交換していきますが、通常数十セットのマウスピースが必要になります。
比較的新しい治療法であり、症例によっては適用できないこともありますので、慎重な判断が必要です。まずはご相談ください。

Q5治療は痛くない?
A5

矯正装置を初めて入れた時や、装置を調整した後などに、歯が少し浮いたような感じや、硬いものが噛みにくかったり、痛みを感じたりする場合もあります。
痛みの程度は人によってさまざまですが、通常は数日程度で治まる方がほとんどです。弱い力で無理なく歯を動かす治療法に年々進歩していますので、痛みは軽減しているといわれています。
当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正は、痛みに最大限に配慮した治療法ですので、ご安心ください。

Q6通院の頻度はどれぐらい?
A6

歯を動かしている間は、矯正装置の調節のため 1ヶ月に1回程度の通院が一般的です。
また歯を動かし終わっても、すぐには安定せず元の位置に戻ろうとするため、数ヶ月ごとに通院してかみ合わせをチェックしてもらう必要があります。
乳歯から永久歯への生え替わりの時期や、顎の成長の定期観察の間は、3ヶ月~1年ごとの通院となることもあります。

しかしながら、当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正は、通院頻度が最小限になるように治療計画を立てますので、仕事などでお忙しい方でも治療可能です。ご安心ください。

Q7食べ物制限は?
A7

矯正装置が固定式・可撤に限らず、ほとんど普段通りに食事ができます。
ただし、固定式の場合、硬い物(おせんべいやアメ、氷の丸かじり)や粘着するもの(ガムやキャラメルなど)は装置が壊れる・取れる恐れがあるので避けてください。
また、装置の隙間に食べ物が詰まりやすくなり、フロスも使えませんので、歯磨きをいつもよりも丁寧に行う必要があります。
一方、可撤式のマウスピース型矯正装置(インビザライン)の場合は、食事の際は取り外しが可能なので、どのような食事でも可能です。歯磨きもフロスもいつも通りにしていただけます。

Q8歯を抜かなければなりませんか?
A8

凹凸のある歯を動かして美しく並べるためには、物理的にスペースが必要です。
歯を抜かない場合は、歯列の幅を広げたり、奥歯から順に後ろへ移動させたりしてスペースを獲得しますが、顎の大きさによっては限りがあります。無理をすると後戻りなどのリスクが高くなるため、歯を抜く必要が出てきます。
しかし「歯を抜くか抜かないか」の判断は、歯科医師にとっても大変重要です。
そのため歯列の模型や矯正専用のレントゲン、CTなどを用いて、歯の凹凸程度や顎の骨の大きさや形、歯の生えている方向や位置などを精密に確認し、審美的な面も含め、総合的に診断します。もちろん、できるだけ歯を残すように配慮しますが、症例によっては歯を抜く必要も生じますので、担当の歯科医師とご相談ください。

Q9後戻りがあると聞きましたが?
A9

矯正治療で動かした歯は、元の場所に戻ろうとすることがあります。したがって装置を外した後にも、数年間は「保定装置(リテーナー)」と呼ばれる取り外し可能な装置をつける必要があります。この時期に保定装置の装着を怠ると、後戻りが起こることがあります。
矯正治療の有無にかかわらず、加齢による変化や歯周病、歯の欠損などによって、歯並びやかみ合わせは変わり続けますので、歯並びは常に気にするようにしましょう。

Q10どれくらい費用がかかるの?
A10

矯正治療は、一般的に保険は効かず、自由診療(自費)のお支払いとなります。
医療機関、治療方法、期間、地域によっても異なりますが、上下の歯の矯正で70~120万円程度が一般的です。
装置料・調整料・診断料と細かく設定している医院もあれば、トータルフィー制度といって、すべての費用を一括でまとめている医院もあります。
矯正治療のカウンセリングの際に、料金体系については納得がいくまでお尋ねされることをおすすめします。なお、当院は明確な料金体系となっておりますので、お気軽にお尋ねください。

マウスピースを使った矯正

マウスピースを使った矯正とは

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

マウスピースを使った矯正は、透明なマウスピースを1日20時間以上装着することで歯並びを整える矯正方法です。治療で使用するマウスピースは厚さ0.5mmと非常に薄く、透明のプラスチック製です。そのため、まわりの目を気にせずに矯正治療ができます。

マウスピース型矯正装置の特徴

  • むし歯になりにくい

    マウスピースによる矯正は取り外しができるので歯磨きがしやすく、固定式の矯正治療と比べると圧倒的にむし歯の発生を予防できます。

  • 取り外しできる

    マウスピースによる矯正は、装置を自分で簡単に取り外すことができます。そのため食事や楽器の演奏なども、これまでと同じように行えます。

  • 治療中のトラブルが少ない

    マウスピースによる矯正の装置は、非常にシンプルです。そのため、固定式の装置のように壊れたり、粘膜にあたってロ内炎ができる心配はありません。

  • ホワイトニングも可能

    マウスピースにホワイトニングの薬剤を流し込んで、歯の漂白を同時に行うことも可能です。披露宴や同窓会など大切なイベントにも、白い歯で参加できます。

  • 金属アレルギーでも安心

    マウスピースによる矯正では、金属を一切使用しません。そのため金具アレルギーが原因で、これまで矯正治療をあきらめていた方も安心して治療できます。

  • 痛みが少ない

    マウスピースによる矯正では、ワイヤーで歯を締めつける固定式の矯正に比べて、痛みを抑えて治療できます。なぜなら、非常に弱いチカラで歯を動かすからです。

  • 通院回数が少ない

    マウスピースによる矯正では、2ヶ月に1回程度の通院間隔で矯正ができます。そのため、ワイヤーを用いる矯正に比べて、半分の通院回数で治療ができます。

  • 口臭の心配がない

    マウスピースによる矯正の治療期間中も、マウスピースを外して糸ようじやデンタルフロスで歯間の清掃を行えるので、口臭を予防することができます。

  • 顎関節への影響が少ない

    マウスピースによる矯正では、顎関節にチカラを加えずに矯正できます。そのため、ワイヤーによる矯正で起こリやすい顎関節症の予防につながります。

マウスピースで歯列矯正ができる理由
  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    1特殊な素材

    マウスピースは、非常に軽く、耐久性がある素材で作ってあります。ペットボトルの材質よりもはるかに弾力性があるため、歯に対して弱いチカラを加え続けることができます。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    2歯の位置をわずかにズラして動かす

    マウスピースは、現状の歯並びからわずか0.25mmだけズラして作られています。そのため装着した際に違和感を感じることがありますが、弱い力が常に加わることで、歯が動く仕組みになっています。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    3マウスピースを1~2週間ごとに交換する

    矯正治療が完了するまで、マウスピースを1~2週間ごとに新しいものに交換しながら、合計で30個以上は使用することが一般的です。このことにより、歯が0.25mmずつ動くように設計されています。

歯を精密に動かす仕組み

歯の動きをさらに精密にコントロールするために、「アタッチメント」や「プレッシャーポイント」などを用います。
このことにより、ワイヤーを用いる矯正治療と同様に、マウスピースでも歯を着実に動かすことができるのです。

  • 平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
    アタッチメント

    アタッチメントとは、歯の表面に取り付ける透明のプラスチック製の突起のことです。
    歯のねじれを修正したり、歯を引っ張り出したりする際に有効です。
    アタッチメントをつけることで、ワイヤーを用いる矯正治療と同じように、マウスピースでも歯の動きをしっかりコントロールできるようになります。

治療の流れ

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
初診カウンセリング (来院初回)

最初に、受付にて問診票を記入します。次に、歯並びについての悩みや、かみ合わせの問題についてヒアリングします。
そのうえで、大まかな治療方針や治療費について説明します。この時点で、矯正に関する疑問や不安をクリアにすることが大切です。

所要時間 約30分
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
精密検査(来院初回or2回目)

セファロレントゲン、CTレントゲン、顔貌写真、口腔内写真、口腔内スキャンの撮影を行います。
精密検査の際に、むし歯だけでなく顎関節や親知らずの状態についても確認します。

所要時間 約40分
費用 ¥20,000(税抜)
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
治療計画の説明(来院2回目or3回目)

矯正開始から完了までの歯の動きを、視覚的に確認できるようにご説明します。
本来は非常に難しい矯正の治療計画ですが、なるべくわかりやすい説明を心がけています。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
マウスピースの発注

マウスピースの発注は、治療計画や費用などをご理解・ご納得され、「マウスピースを使った矯正治療を開始する」との明確な意志表示をご確認させていただいた後に行います。
マウスピースは、海外に発注するため、到着までに約2〜3週間かかります。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
治療開始(1~2ヶ月ごとに1回来院)

マウスピースを使った矯正治療を開始します。マウスピースを1日20時間以上装着し、1~2週間ごとに次の段階のマウスピースに交換することが大切です。
治療期間中は、歯の動きの確認のため、1~2ヶ月に1回の通院が必要となります。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック
保定(1年に1~2回来院)

マウスピースで歯並びを整えた後も、歯並びは不安定なため、保定装置(リテーナー)を一定期間使用する必要があります。
2〜3年はリテーナーを使用し、歯並びの後戻りを防止します。なお、リテーナーを使用中は、1年に1〜2回程度の通院で済みます。

平塚市・湘南パーク歯科・矯正クリニック

確認事項

「マウスピースを使った矯正治療をすぐに開始したい」という方は、初診のカウンセリングと同時に精密検査を行ったり、治療計画の説明の日にマウスピースの発注も行えます。そうすれば、マウスピースの受け取りまでの期間を大幅に短縮できます。
ただし、当クリニックでは精密検査を強要したり、治療開始を急かすことは決してありません。
ご自宅でじっくり考えた後に精密検査に進み、マウスピースの発注を決断していただいて構いません。どうぞ安心してご相談ください。